ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 産業 > 商工業 > 【国見町商工会】新規事業で活力アップ!令和3年度版各種補助金について

【国見町商工会】新規事業で活力アップ!令和3年度版各種補助金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月7日

【国見町商工会】新規事業で活力アップ!令和3年度版各種補助金について

 国見町商工会では、次の補助金について申請を検討する事業者の相談を随時受け付けております。
 国見町商工会のサポートを希望される事業者は各補助金公募のスケジュールを確認の上、お早めにご相談ください。

1.小規模事業者持続化補助金(一般型)

 q

 小規模事業者の「販路開拓(新規顧客の獲得)」の取り組みを支援する補助金です。看板設置・チラシ作製折込・ホームページ作成・機械装置の導入など、取り組みに必要な物品の費用が補助対象になります。

対象者

 小規模事業者
  卸・小売・サービス業:常時使用従業員数5名以下
  建設・製造・その他 :常時使用従業員数20名以下

補助額

 最大50万円(補助対象経費の2/3)

申請にあたっての注意点

 経営計画書の作成、商工会確認書類の添付(必須)

 

 小規模事業者持続化補助金(一般型)チラシ [PDFファイル/647KB]

 

2.小規模事業者持続果補助金(低感染リスク型ビジネス枠)

 q

 小規模事業者が感染拡大防止のため、対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取り組みを支援する補助金です。
※従来型サービスに要する費用は補助対象外です。

対象者

 小規模事業者
  卸・小売・サービス業:常時使用従業員数5名以下
  建設・製造・その他 :常時使用従業員数20名以下

(1)対人接触機会を減少させる取り組み
(2)既存事業とは異なる新たなビジネスサービス、生産プロセスの導入である取り組み

補助額

 最大100万円(補助対象経費の3/4)

申請にあたっての注意点

 電子申請システム(Jグランツ)による電子申請となります。
※電子申請には予めGビズIDの取得が必要です。詳しくはGビズIDのホームページ<外部リンク>をご覧ください。

 

 小規模事業者持続果補助金(低感染リスク型ビジネス枠)チラシ [PDFファイル/242KB]

 

3.ものづくり補助金

 中小企業・小規模事業者が今後複数年にわたって相次いで直面する制度改革等に対応するた中小企業・小規模事業者が取り組む「革新的な製品・サービス開発」や「生産プロセスの改善を行い生産性を向上させる設備投資」等を支援する補助金です。

対象者

 中小企業者および小規模事業者

補助額

 100万円~1,000万円(中小企業者:1/2、小規模事業者2/3)
※単なる設備入れ替えだけではなく「革新的ものづくり」が求められます。市場ニーズがあり、生産プロセス改善によって生産性が向上する設備投資以外は対象外となります。
※本制度では「付加価値額の増加」が指標として見られます。(3~5年計画で年率平均3%以上の増加)採択・実施後の経過報告も必要となります。

申請にあたっての注意点

 電子申請システム(Jグランツ)による電子申請となります。

 

4.事業再構築補助金

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の変化に対応するため「新分野展開」「業態転換」「事業・業種転換」「事業再編」を通じた規模の拡大・事業再構築に取り組む中小企業・小規模事業者等を支援する補助金です。 

対象者(主な要件のみ記載しています)

 中堅企業、中小・小規模事業者
※申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高がコロナ前の同3か月と対比して10%以上減少している事業者

補助額

 100万円~6,000万円(補助対象経費の2/3)
※中小企業・小規模事業者の場合です。中堅企業は異なります。
※建築費、機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、外注費、広告宣伝・販売促進費、研修費
※事業再構築要件については、個別の経営実態に照らし合わせて判断されます。不明な点等ございましたら、国見町商工会(電話024-585-2280)までお問い合わせください。

申請にあたっての注意点

 電子申請システム(Jグランツ)による電子申請となります。

 

 申請等に関する詳しい内容は、国見町商工会作成の制度概要ガイドブックをご覧ください。

 国見町商工会作成の制度概要ガイドブック [PDFファイル/1月27日MB]

 

国見町商工会の活動はこちらをご覧ください。<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)