ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 税金 > 固定資産税 > 家屋を取り壊したら「滅失届」が必要です!

家屋を取り壊したら「滅失届」が必要です!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月18日

 固定資産税は、毎年1月1日を基準として課税しています。
 平成30年中に固定資産税の課税対象となっている住宅や倉庫等の「家屋」を取り壊した際には、年内に税務課課税係まで「家屋滅失届」の提出をお願いします。
 職員が現地を確認させていただき、翌年度分の課税台帳から削除します。
 届出がない場合、確認ができず引き続き課税されることになります。

 なお、法務局への滅失登記が完了している場合には、「滅失届」の提出は不要です。 

家屋滅失届(様式) [Wordファイル/41KB]

Word Viewer<外部リンク>

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word が必要です。
お持ちでないかたは、Wordのファイルを表示、印刷することができる
Word Viewerをバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)