ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政・まちづくり > 広報・広聴 > 広報 > 台風19号からの復興に向かって~国見町応援大使からのメッセージ~

台風19号からの復興に向かって~国見町応援大使からのメッセージ~

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月10日

10月に発生した台風19号により、国見町でも大きな被害がありました。
6名の国見町応援大使の方より激励のメッセージが寄せられましたので紹介します。 (五十音順)

市川 由紀乃 

市川由紀乃

台風19号により、被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
東日本大震災の後、国見町をキャンペーンでおじゃました時、皆さんの芯の強さ、逞(たくま)しさに触れたことが、その後の私の頑張りに多くの励みを与えて下さっております。歌うことでしか、お見舞いはできないことに、歯痒(はがゆ)さを感じています。
本格的な冬がはじまります。くれぐれも身体を大切になさって下さいね。

市川さんと国見町の関わり

東日本大震災以降、福島演歌塾主催のコンサートを国見町で開催したことがきっかけで、毎年国見町を訪れ演歌を通して国見町民に元気を与えています。また、全国各地のコンサート会場などで国見町をPR。2017年6月には、同年5月にオープンした道の駅国見あつかしの郷の一日駅長も務めていただきました。

木住野 佳子

木住野佳子

この度の台風19号の被害は大変大きく、国見町でも被災された方が多くいらっしゃるとお聞きしました。心よりお見舞い申し上げます。
私はピアノを演奏することしかできませんが、来年1月に観月台文化センターで心を込めて音をお届けできたら、と思っています。
1日も早く復旧と再建がされますように心からお祈り申し上げます。

木住野さんと国見町の関わり

国見町観月台文化センターにあるピアノ「ベーゼンドルファー」を高く評価していただき、これまでに何度もコンサートを開催。県北中学校吹奏楽部の生徒と一緒に演奏するなどの企画も考案いただくなど、ピアノを通じて国見町を応援していただいています。

沢木  順

沢木順

広報くにみを見てここまで大変なことになっているとは思わず驚いております。応援大使という大きなお役をいただいて何も出来ない歯がゆさを感じております。亡くなられた方がいらっしゃらなかった事を不幸中の幸として復興に向けて力を合わせて頑張っていただきたいと思います。
国見の底力はどんな苦難にも打ち勝てると信じています。心からエールを送ります!!!!

沢木さんと国見町の関わり

町内のファンの方が中心となり、国見町でコンサートを開催したことを契機に毎年国見町でコンサートを開催。多くの人々にミュージカルの魅力を伝えています。東日本大震災の際には、全国各地のコンサート会場で国見町への義援金を募るなど、国見町を支援し、今も様々な支援をいただいています。

野崎 洋光

野崎洋光

この度の台風で国見町の方々も被災されました事、不自由な生活を強いられました日々に心よりお見舞い申し上げます。
今まで数々の災害を経験をされましても幾度と無く蘇って来ました国見魂は、太陽は東から西へ沈みますが北極星と同じ星地軸は常に国見町にあります。頑張ってください。

野崎さんと国見町の関わり

2014年に国見町で食をテーマとした講演会を開催。また国見町の農産物を使ったおいしいレシピコンテストの審査委員長を務めるなど、国見町の農産物の素晴らしさを評価していただき広くPR。道の駅国見あつかしの郷で提供されるレストランメニューにも深く関与されています。

ふたり 

ふたり

この度、台風19号により被災された国見町のみなさんの1日も早い復興をお祈りしております。
東日本大震災からもうすぐ9年になります。あの悲しみを乗り越え、たくさんの笑顔が広がり復興へと進む中、今回の台風で水害が起きました。大切な方々が住む国見町にまた笑顔が絶えない明るい町になってもらえるように「音楽」を通してこれからも応援させていただきます。

ふたりと国見町の関わり

東日本大震災の復興支援に向う途中、立ち寄った東北自動車道国見サービスエリアでの出来事をきっかけに、震災からの復興に向かう国見町を支援する曲「small cherry」を作り、2011年に義経まつり会場で披露。以後、毎年義経まつりでのライブを開催し、国見町を音楽の力で元気づけています。

三屋 裕子

三屋裕子

この度、台風19号の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
被災された皆様におかれましては、一日も早い復旧がなされますようお祈りいたします。また、国見の美味しい桃・農作物を頂けますのを楽しみにいたしております。
皆様に笑顔が戻りますように、心から願っております、頑張って下さい!! 

三屋さんと国見町の関わり

2013年、国見町応援団ツアー団長として国見町を訪れ、以後、あらゆる機会で特産品の桃などの農産物をはじめ町の魅力を多くの人々に発信。また、国見町で講演会やバレーボール教室を開催するなど、東日本大震災で復興に向かう町の人々に元気を与えています。