ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政・まちづくり > 広報・広聴 > 町のトピックス > 福島・宮城合同で交通安全を呼びかけ

福島・宮城合同で交通安全を呼びかけ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月30日

福島北・白石警察署と地区交通安全協会合同の「交通安全キャンペーン」が7月30日、道の駅国見あつかしの郷で行われました。キャンペーンでは、国道を通行するドライバーに太田久雄町長はじめ関係者が国見町・桑折町・白石市の特産品を配りながら交通事故防止を呼びかけました。
この取り組みは、夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動の一環として、毎年、福島県側と宮城県側で交互に行われているものです。

県境キャンペーン①  県境キャンペーン