ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 町長活動日記 令和2年9月
町長の部屋のメニューを表示するボタン

町長活動日記 令和2年9月

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月1日

9月29日、町民スポーツ交流大会表彰式が観月台文化センターで
開催されました。9競技15部門に500名程度の皆さんが参加され、
熱戦を繰り広げました。その結果、見事上位入賞した皆さんに
太田町長から表彰状が授与されました。太田町長からは、
スポーツを通じた町の活性化に対する御礼の言葉がありました。

スポーツ
表彰者と記念撮影した太田町長





9月27日、「第7回国見町に咲く中尊寺蓮絵画コンクール表彰式」が
観月台文化センターで開催されました。
小学校(低・中・高)の部、中学生の部、一般の部の5部門に、
町内の小中学生を中心に134点の応募がありました。
57点が入賞、そのうち最優秀賞5点、優秀賞12点が選ばれました。
入賞作品は、あつかし歴史館に展示しています。

ハス表彰式
表彰者と記念撮影する太田町長





9月26日、市長村対抗軟式野球大会の3回戦 国見町Vs田村市が
牡丹台野球場で行われました。
試合の前半は0対1の息詰まる接戦でしたが、終盤以降、自力に勝る
田村市が徐々に力を発揮し、善戦及ばず、0対7で惜敗となりました。
今大会は若いチームで臨み、見事、初のベスト16を果たした国見町チーム。
来年以降のさらなる飛躍を期待しています。

3回戦
試合終了後、選手を慰労するとともに身振り手振りで助言する太田町長





9月26日、しろいしサンパークグランドオープン記念式典に出席しました。
農商工連携を核とした賑わい交流拠点施設となる「しろいしサンパーク」には、
(1)子育て支援・多世代交流複合施設「こじゅうろうキッズランド」
(2)農産物等販売施設「おもしろいし市場」
(3)地元食材活用レストラン「みのりキッチン」
(4)6次産業化加工施設「みのりファクトリー」
(5)商品開発・研修施設「みのりラボ」
以上の施設が整備され、地方創生の先駆的な複合施設となります。

しろいし
グランドオープン記念式典で来賓紹介を受ける太田町長





9月22日、石工フェス㏌石蔵がJAふくしま未来小坂支店で開催されました。
今年で5回目を迎える石工フェス。郡山女子大学人間生活学科建築デザイン
コースの学生さんが主体となって準備を進め、当日も8名の学生さんが
協力に駆けつけました。参加された皆さんは、国見石の歴史に触れながら、
”作って、遊んで、そして学んで”国見石の魅力を体験・満喫しました。

石工
”石蔵デコ貯金箱”づくりの様子を見学する太田町長





9月20日、市町村対抗軟式野球大会の2回戦 国見町Vs西会津町戦が
小野あぶくま球場で行われました。
1回裏の守備では1アウト満塁から犠牲フライかと思われたレフトへの打球を
高野選手がイチロー選手張りのレーザービームで捕殺する好守備を見せると、
3回表には2番安藤選手がランニングホームランを放つなど逆転に成功し、
6対1と有利に試合を運びましたが、終盤、西会津町の脅威の粘りで1点差まで
追い上げられ、ハラハラドキドキ! 最後は堅い守備で守り抜いた
我ら国見町チームが6対5で息詰まる大熱戦を制し、見事勝利しました。
第14回を数える本大会で国見町チームが1大会で2勝するのは初めての快挙!
試合終了の瞬間は、国見町から駆け付けた応援団も大喜びでした。

野球
試合終了後に国見町魂を魅せた選手たちを激励する太田町長





9月19日、町長と対話の日が観月台文化センターホールで開催されました。
各種団体の役員、町内会長、一般町民など99名が参加しました。
まずはビデオで昨年度の国見町を振り返り、その後、太田町長就任以降の
8年間の取り組み、現在のコロナ対策、そして今後の国見町について、
太田町長が自ら説明しました。町長との意見交換では、貴重なご提言、
さらには太田町政の継続を懇願する発言も出され、胸が熱くなる一幕もありました。

対話1
太田町政8年間の軌跡を自ら説明する太田町長

対話2
終了後、参加者に御礼を述べる太田町長




9月18日、国見町応援大使の市川由紀乃さんが観月台文化センターホールで
ミニコンサートを2回行いました。
今回の公演は、国見町民が市川さんから元気をいただき、
さらにコロナウイルス感染症拡大で歌手としての活動に制限を受けている
市川さんを国見町民が応援する“エールの交換イベント”として開催されました。
紅白出場、さらには日本レコード大賞最優秀歌唱賞も受賞された
市川さんの歌声に観客はうっとり!時間を忘れ、聞き入りました。
観客の前で歌を披露することが実に7か月ぶりとなる市川さんは、
公演を見に来てくれた観客への感謝の気持ち、
さらには歌に対する誰よりも強い思いなどにより、
公演途中で感極まる場面も・・・・・。
その光景に観客も胸が詰まり、思わず目頭が熱くなりました。
公演終了後は、国見町内をめぐるビデオ撮影も行われ、
最後は道の駅国見でお土産を購入されるなど、国見町を満喫されました。
市川さんの今後益々のご活躍をご祈念いたしますとともに、
また、お会いできる日を楽しみにしています。
※ミニコンサートの映像は、ユーチューブでご覧いただけます。

市川
特産品の桃を贈呈する太田町長

市川1部
艶やかな着物で臨んだミニライブ1回目の市川由紀乃さん

市川2部
着物を着替えて臨んだミニライブ2回目の市川由紀乃さん

市川奥山邸
明治時代にタイムスリップした市川由紀乃さん(奥山邸)

市川防塁
国見町の歴史を肌で触れた市川由紀乃さん(国史跡阿津賀志山防塁)





9月15日、内堀福島県知事を表敬訪問し、防災用備蓄ゼリーの
完成・販売を報告しました。防災用備蓄ゼリー「Life Stock」は、
国見産のリンゴを使用しており、常温で5年間の保存が可能です。
パッケージは、読売巨人軍とコラボし、専門学校Hal東京の学生が
デザインしました。今後、道の駅国見あつかしの郷、
ジャイアンツオンラインストアなどで販売予定です。

ゼリー1
早速「Life Stock」を試食する内堀知事

ゼリー2
内堀知事に完成・販売を報告する太田町長





9月13日、くにみ農業ビジネス訓練所で「とうもろこし収穫体験」が行われました。
22名の子どもを含む総勢40名程度の参加があり、収穫適期となった
ビジネス訓練所のあま~い“とうもろこし”を家族で楽しく収穫体験しました。
楽しそうな子どもたちを見て、お父さんお母さんの眼尻は終始下がりっぱなしでした。

とうもろこし1
開始前にあいさつする太田町長

とうもろこし2
「やったー。収穫できたよ!」と大喜びのお子さん





9月9日、第61回福島県農業賞を受賞された佐久間敏雄・久子夫妻が
太田町長を訪問し、受賞の喜びを報告しました。
佐久間さん夫妻は、1990年に当時主力だった養豚業から
果樹経営に転換し、桃やあんぽ柿を中心に生産しています。
現在は、果樹園の面積が360アールを誇る大規模経営です。
高品質な果樹の生産に向け、さまざまな栽培方式を取り入れるなど、
より安定した農業経営が認められ、今回の受賞となりました。
佐久間夫妻の今後の益々のご活躍をご祈念いたします。

農業賞
受賞を喜ぶ佐久間さん夫妻と記念撮影する太田町長





9月6日、市町村対抗軟式野球大会の結団式が上野台総合運動場で開催されました。
町長からは「野球を通じた人とのつながりを大切にするとともに、国見町代表の
看板を背負い、全力で頑張ってほしい」と激励のあいさつがありました。
国見町チームは、南会津町の棄権で、1回戦は不戦勝になります。
2回戦は9月20日に西会津町と棚倉町の勝者と小野あぶくま球場で試合を行います。
ぜひみんなで国見町チームを応援しましょう!

宣誓
松浦昭太主将の選手宣誓を受ける太田町長

集合
選手と記念撮影する太田町長





9月6日、市町村対抗ソフトボール大会の結団式が上野台総合運動場で開催されました。
町長からは「やるからには勝利目指して最後まで全力プレーを」とエールを送りました。
国見町チームの1回戦は、10月10日に浅川町と相馬光陽ソフトボール場で行われます。
ぜひみんなで国見町チームを応援しましょう!

ソフトあいさつ
国見町チームに激励のエールを送る太田町長

ソフト集合
選手と記念撮影する太田町長





9月2日、JAふくしま未来の数又組合長らが来庁し、太田町長に対し、
桃せん孔細菌病に関する要望書を手交しました。
今年は、昨年10月の台風第19号、さらには暖冬の影響等により、
せん孔細菌病が多発し、これまでにない甚大な被害が発生しています。
現に中生種までの収穫量は対前年比で56%に留まっています。
国見町最大の特産品である「桃」の被害でもあり、
町としても出来る限りの支援策を講じていく予定です。

要望書
要望書を受け取る太田町長





9月2日、希望の光フォトコンテスト表彰式が役場のアカマツ広場で開催されました。
去る8月1日に初開催された“希望の光プロジェクト2020”では、
町内4か所で同時に花火を打ち上げることで国見の夜空を彩るとともに、
町内3か所で夏のイルミネーションも行われ、コロナで元気を失っていた
町民の心に元気と希望を灯しました。このたび、フォトコンテストの
表彰式が行われ、最優秀賞には鈴木亮さん(国見町)が選ばれました。
フォトコンテストの作品は、役場以外にも、道の駅国見あつかしの郷、
観月台文化センター、公立藤田総合病院、福島信用金庫国見支店、
国見郵便局にも順次展示されます。

フォトコンテスト
受賞者とともに記念撮影する太田町長