ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 町長活動日記 令和2年8月
町長の部屋のメニューを表示するボタン

町長活動日記 令和2年8月

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月24日

8月24日、自民党県議による移動政調会が役場で開催されました。
西山尚利県議と佐々木彰県議らが出席され、町からは次の3点を要望しました。
(1)復興財源の支援継続の件
(2)Pcr検査体制の拡充の件
(3)桃せん孔細菌病に係る支援対策の件

要望
西山および佐々木県議たちに要望書を手交する太田町長





8月23日、国見町消防団員に対する各種表彰の伝達式が執り行われました。
訓練や防火活動などで功績のあった消防団員や関係者などを例年定期点検時に
表彰していましたが、今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で
定期点検が中止となったため、受賞者への表彰伝達式として初開催しました。

消防
消防団員に表彰状を伝達する太田町長





8月19日、三学級合同学習として、町長講話が行われました。
三学級とは「阿津賀志学級」「成人学級」「女性教室」となり、
70名が参加されました。町長講話の前には、約8分間の
“2019年の国見町を振り返るオリジナルスライド”が上映されました。
町長講話は、演題を「これまでの国見町、新型コロナウイルス
感染症対策、これからの国見町」とし、約60分間にわたり
講話が行われ、受講者は最後まで熱心に聞き入っていました。

町長講話
これまで、そしてこれからの国見町について熱弁する太田町長





8月9日、“大木戸歴史むらづくりの会”と“あつかし歴史館”のコラボによる
「遊びと学びのミュージアム~七夕まつり2020~」が開催されました。
当日は雨にも関わらず、大木戸地区を含む多くの皆様にご来場いただきました。
「茅の輪くぐり」「七夕かざり飾りつけ体験」「めだかすくい」
「竹水鉄砲組立・遊び体験」「あつかし茶屋」などのブースが出店しました。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、今年は「流しそうめん」を行うことは
出来ませんでしたが、大木戸地区の皆さんによる手作りの茅の輪が準備され、
多くの皆さんが無病息災を祈って厄払いをしていました。

飾り
七夕かざり飾りつけ体験を見学する太田町長

茅の輪
無病息災を祈願し、茅の輪をくぐる前に一礼する太田町長





8月4日、個人県民税の徴収に係る優良市町村として知事からの感謝状を
国見町長に伝達するため、熊田県北地方振興局長が庁舎を訪問されました。
国見町の令和元年度県民税徴収率は、99.17%で前年から0.04%増加しました。
知事感謝状は、平成18年度から連続で受賞しています。
今後も公平公正な税の徴収に向け、鋭意取り組んでいきます。

感謝状
熊田県北地方振興局長から知事感謝状の伝達を受けた太田町長





8月1日、「希望の光プロジェクト2020」が初めて開催されました。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、
夏まつりやイベントなどの中止が続いています。
そこで商工会青年部が「こどもたちにいつもとは違う夏の思い出」を
届けたいとの強い思いで「希望の光プロジェクト2020」を企画しました。
密を避けるため、町内4か所で同時に花火を打ち上げるとともに、
夏のイルミネーションも町内3か所(8月16日まで)で点灯し、
コロナで落ち込んだ町民の心に元気と癒しを与えます!

点灯式
花火とイルミネーションの点灯式に臨む太田町長

花火3点
花火4か所同時打ち上げのうち、3か所を同時に抑えた花火の様子

道の駅花火
道の駅国見あつかしの郷から撮影した花火の様子

イルミ
道の駅国見あつかしの郷に設置されたイルミネーションの様子