ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光 > 歴史・文化 > 文化財 > 阿津賀志山防塁(高橋地区)

阿津賀志山防塁(高橋地区)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日

(読み仮名:あつかしやまぼうるい(たかはしちく))

文治5年(1189年)奥州合戦における、最大の激戦場となった阿津賀志山に、奥州平泉の藤原泰衡が源頼朝の率いる鎌倉軍を迎撃するために築かれたもので、この山の中腹より西大枝の石田へ続く約3.2km薬研堀状の防塁跡。地元では俗に二重堀と呼ばれている。

指定別
種別史跡
指定年月日昭和56年3月14日
所在地国見町大木戸字高橋地区

 

地図の読み込みに関する問題が発生したとき<外部リンク>