ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光 > 歴史・文化 > 文化財 > 塚野目第一号墳(八幡塚古墳)

塚野目第一号墳(八幡塚古墳)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日

(読み仮名:つかのめだいいちごうふん(はちまんづかこふん))

塚野目第一号墳(八幡塚古墳)

塚野目古墳群の主墳で古墳時代中期の帆立貝型の前方後円墳で周濠が巡らされていた。福島県中通り地方では、最大規模級のもので、大型の朝顔型円筒埴輪が出土している。近くには、多くの石製模造品などが出土した、祭司遺構である矢ノ目遺跡がある。

指定別
種別史跡
指定年月日昭和59年3月23日
所在地国見町塚野目字前畑地内

 

地図の読み込みに関する問題が発生したとき<外部リンク>