ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 出産・育児 > 子育て支援 > ひとり親等家庭医療費助成事業

ひとり親等家庭医療費助成事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日

昨年まで7月中に行っていた「ひとり親等家庭医療費受給資格の登録更新」は、8月に行います。対象となる方には、7月下旬に登録更新手続きの案内をします。  

ひとり親等家庭医療費助成制度とは

ひとり親家庭等の生活の安定と自立を支援することを目的として、保険診療の自己負担分の一部を助成する制度です。  

対象者

  • ひとり親家庭(母子家庭、父子家庭、父または母に一定の障がいのある家庭)
    →親と18歳未満の児童  
  • 父母のいない世帯の児童
    →18歳未満の児童  

助成内容

対象者が医療機関の窓口で支払った医療費(各種医療保険適用による自己負担分)について、同一受診月ごとに1つの世帯の自己負担額を合算して1,000円を超えた場合、1,000円を超えた金額を給付します。

※ただし、申請者および扶養義務者等の前年の所得が一定額(所得限度額)以上の場合、その世帯の対象者は助成を受けることができません。

【所得限度額】
扶養親族等の数所得限度額
申請者扶養義務者等
0人1,920,000円2,360,000円
1人2,300,000円2,740,000円
2人2,680,000円3,120,000円
3人3,060,000円3,500,000円
4人3,440,000円3,880,000円
5人3,820,000円4,260,000円

助成を受けるためには

1、受給資格者としてあらかじめ登録してください。

国見町保健福祉課に次の書類を提出することで登録できます。

【ひとり親家庭に該当する場合】

(1)ひとり親等家庭医療費受給資格登録(登録更新)申請書
(2)養育費等に関する申告書
(3)世帯全員の前年中の所得状況を確認するための同意書
 ※1月1日に国見町に住所の無い方は、当該年度の所得課税証明書を提出してください。
(4)親と児童の記載のある戸籍謄本
(5)申請者名義の預貯金通帳の写し
(6)加入保険に係る被保険者証の写し(親と児童の分)
※(4)~(6)の書類については、児童扶養手当の申請も同時に行う場合は省略できます。

【父母のいない世帯の児童の場合】

(1)ひとり親等家庭医療費受給資格登録(登録更新)申請書
(2)世帯全員の前年中の所得状況を確認するための同意書
 ※1月1日に国見町に住所の無い方は、当該年度の所得課税証明書を提出してください。
(3)父母のいない児童の属する世帯全員の住民票
(4)当該児童の父および母の戸籍謄本
(5)申請者名義の預貯金通帳の写し
(6)加入保険に係る被保険者証の写し(養育者と児童の分)
※(4)~(6)の書類については、児童扶養手当の申請も同時に行う場合は省略できます。

2、医療機関にかかった際に助成の申請をしてください。

医療機関にかかった際に「ひとり親等家庭医療費受給資格者証」を提示し、「ひとり親等医療費助成申請書」に支払った医療費の証明を受け、国見町保健福祉課に提出してください。(支払った医療費については、同一月の分をまとめて証明を受けるようにしてください。)

 

受給資格者証の有効期間

  • 毎年8月1日から翌年の7月31日までの1年間
  • 毎年8月に資格更新の審査を行います。引き続き、資格要件を満たしている方には、登録更新の案内をしますので更新の手続をしてください。  

次の要件に該当する場合は届出を

  • ひとり親家庭でなくなったとき
  • 住所・氏名などが変わったとき
  • 加入の健康保険の種類または記載事項に変更があったときなど

申請書ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)