ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 予防接種

予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日

予防接種の受け方

出生届の時に窓口(保健福祉課)で予防接種を受ける時に必要な「予防接種手帳(予防接種予診票綴)」や冊子「予防接種と子どもの健康」をお渡ししています。

予防接種には、指定された日時・場所で受ける「集団接種」と、町で指定した医療機関で受ける「個別接種」があります。下記表中の対象年齢・回数・実施期間内は無料で受けられます。

国見町では「個別接種」となり、保護者の方がお子さんの月齢に合わせ、指定医療機関で予防接種を受けていただくことになります。(なお、二種混合については実施期間を決めてお知らせしています)

予防接種を受けるときの注意」もご確認してください。

予防接種の種類と対象年齢

定期予防接種

 予防接種に基づいて市町村が実施するものです。

【予防接種の種類と対象年齢】
ワクチン種類対象年齢  ※( )内は標準的な接種時期回数・間隔実施期間実施できる 医療機関
ヒブ生後2月から生後60月に至るまでの間
(初回接種開始時に生後2月から7月に至るまでの間)
接種開始年齢により回数が異なります通年指定医療機関一覧はこちら [PDFファイル/159KB]
小児用肺炎球菌生後2月から生後60月に至るまでの間
(初回接種開始時に生後2月から7月に至るまでの間)
四種混合
・ジフテリア
・百日せき
・破傷風
・不活化ポリオ
1期
初回
生後3月から生後90月に至るまでの間
(生後3月から12月に達するまでの間)
20~56日の間隔をおいて3回
1期
追加
生後3月から生後90月に至るまでの間
(1期3回目終了後12月から18月に達するまでの間)
1回
二種混合
・ジフテリア
・破傷風
2期11歳以上13歳未満(小学6年生)1回4月~翌年3月31日
ポリオ初回生後3月から生後90月に至るまでの間
(生後3月から12月に達するまでの間)
20~56日の間隔をおいて3回通年
追加生後3月から生後90月に至るまでの間
(1期3回目終了後12月から18月に達するまでの間)
1回
BCG生後1歳に至るまでの間
(生後5月から8月に達するまでの間)
1回
麻しん・
風しん混合
1期生後12月から生後24月に至るまでの間1回
2期5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間1回4月~翌年3月31日
水痘生後12月から生後36月に至るまでの間  
(生後12月から15月に至るまでの間)
6月~12月の間隔をおいて2回

通年

B型肝炎

生後1歳未満まで

 (生後2月から9月未満)

3回
日本脳炎1期
初回
生後6月から生後90月に至るまでの間(3歳)6~28日の間隔をおいて2回※平成23年5月20日から、積極的な勧奨の差し控えにより予防接種の機会を逃した平成7年4月2日~平成19年4月1日までの間に生まれた方の接種対象期間が20歳未満までに変更されました。
日本脳炎予防接種の対象者拡大について [PDFファイル/114KB]
1期
追加
生後6月から生後90月に至るまでの間 (1期初回終了後おおむね1年後)1回
2期9歳以上13歳未満(小学4年生)1回
子宮頸がん
予防ワクチン
小学6年生から
高校1年生相当の女子(中学1年生)
3回平成25年6月14日から子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当っては、有効性とリスクを理解した上で受けるようにしてください。
子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ(リーフレット) [PDFファイル/865KB]

※表中の「至る」、「未満」とは対象年齢の前日までを意味します。

■任意予防接種

ロタウイルスワクチン予防接種事業のお知らせ [PDFファイル/37KB]

予防接種を受ける時の注意

  • 予防接種はお子さんの体調が良い時に受けてください。
  • 予防接種を受けるときは、冊子「予防接種と子どもの健康」などをよく読んでから受けてください。
  • 母子健康手帳は必ず持って行きましょう。
  • 予診票は責任をもって記入し、必ず持参しましょう。
  • お子さんの健康状態を良く知っている保護者が付き添いましょう。ただし、保護者のやむを得ない理由により同伴出来ない場合は、接種を受けるお子さんの健康状態をよく知っている親族(祖父母等)等が同伴し、予防接種をうけることができます。その場合は、保護者の委任状が必要です。予診票と一緒に医療機関の受付に提出して下さい。委任状が必要な方はダウンロードしてお使いください。
    >>予防接種委任状はこちら [PDFファイル/179KB]

予診票の紛失や他市町村より転入された場合について

渡された予防接種手帳(予診票)を紛失した場合や他市町村より転入されたお子さんの場合、対象年齢内でまだすんでいない予防接種の予診票をお渡しします。母子健康手帳をご持参のうえ、保健福祉課へお越しください。

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)