ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 高齢者に対する肺炎球菌ワクチン予防接種

高齢者に対する肺炎球菌ワクチン予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日

予防接種法が一部改正されたことに伴い、高齢者の肺炎球菌ワクチンが定期の予防接種となりました。定期接種の対象となる方は下記のとおりです。

肺炎球菌は肺炎、気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などを引き起こす細菌の一つであり、特に高齢者の肺炎の約半数は、肺炎球菌が原因とされています。

肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって、予防効果が期待されます。

対象者

定期接種対象者

国見町に住所を有し、過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受けていない方で、次のいずれかに該当する方

  • 平成29年度に65歳・70歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方
  • 60歳から65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいや、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある方
    ※該当年度を過ぎると助成が受けられなくなりますのでご注意ください。

接種期間

平成30年3月31日まで

自己負担金額

2,400円

※生活保護世帯の方は無料

指定医療機関

実施医療機関および県内の高齢者肺炎球菌予防接種協力医療機関

実施医療機関についてはこちら [PDFファイル/56KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)