ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > マイナンバー > マイナンバー制度 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月1日

マイナちゃんの画像  

  マイナちゃん

1.マイナンバー制度とは

社会保障・税制度の効率性や透明性を高め、利便性の高い公平・公正な社会を実現するための制度です。

 住民票を有するすべての方に1人1つの12桁の個人番号(マイナンバー)を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の国および地方公共団体等の行政機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

2.マイナンバー制度が導入されると

  • 申請者が窓口で提出する書類が簡素化されるなど、利便性が向上化します。
  • 所得や行政サービスの受給状況などが、より正確に把握できるようになり、社会保障や税の給付と負担の公平化が図られます。

3.マイナンバー(個人番号)の通知カード

  • 通知カードは、出生等により住民票が登録されてから順次、簡易書留にて2~3週間程度でお届けいたします。
  • 通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。
  • 券面にはお住まいの町の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。
  • ただし、顔写真は記載されておらず、通知カードを使用してマイナンバーの確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や旅券等の本人確認書類が必要となります。

通知カード表面イメージ(表面イメージ) 通知カード裏面イメージ(裏面イメージ)

4.マイナンバー(個人番号)カード

さらに、希望する方はマイナンバー(個人番号)カードが取得できます。

  • カードの交付申請書は、通知カードと一緒に送付されます。
  • カードには、氏名・住所・生年月日・性別・個人番号・有効期限等が記載され、窓口での本人確認書類として利用できます。
  • カードのICチップの中には、プライバシー性の高い個人情報は記録されません。
  • 初回発行手数料は無料です。
  • 電子証明書はカードに最初から組み込まれています。

マイナンバーカード表面イメージ(表面イメージ) マイナンバーカード裏面イメージ(裏面イメージ)

※マイナンバー(個人番号)カードおよびカードに格納される電子証明書は、制度上、即日交付ができませんので、確定申告を控えている時期に有効期限満了日を迎える方はご注意願います。

5.住民基本台帳カードとマイナンバー(個人番号)カードについて

  • 住民基本台帳カードの発行は平成27年12月28日をもって終了となりました。
  • 平成27年12月28日までに交付された住民基本台帳カードは、有効期限までご利用いただけます。
  • 住民基本台帳カードをお持ちの方が、個人番号カードを取得した場合は、その時点で住民基本台帳カードは廃止・回収されることになります。

6.電子証明書について

マイナンバーカードには2種類の電子証明書が格納されます。

署名用電子証明書

  • インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。
  • 「作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであること」を証明することができます。
  • 電子申請(e-Tax等)、民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録などに利用します。

利用者証明用電子証明書

  • インターネットサイトやキオスク端末等にログイン等をする際に利用します。
  • 「ログイン等した者が、あなたであること」を証明することができます。
  • 行政のサイト(マイナポータル等)や民間のサイト(オンラインバンキング等)へのログイン、コンビニ交付サービス利用などに利用します。

※住民基本台帳カードに格納される電子証明書の発行は平成27年12月22日をもって終了となりました。平成27年12月22日までに交付された電子証明書は、有効期限までご利用いただけますが、有効期限に達し、電子証明書の更新を希望される場合は、その時点でマイナンバー(個人番号)カードに切り替えていただく必要がありますので、ご注意ください。

7.東日本大震災の被災者、DV・ストーカー・児童虐待などのやむを得ない理由で住所地でないところに居住している方

やむを得ない理由で、住民登録されていない居所に避難している方の、通知カードの送付先を居所に希望される方の登録について

  • 居所の登録申請できる対象者は、下記に該当する方です。詳しくは現在の住民登録されている住所地の市区町村の担当窓口にご相談ください。
  1. 東日本大震災により被災し、やむを得ない理由により、居所へ避難していて、住所において通知カードの送付を受けることができない方
  2. DV等被害者であり、やむを得ない理由により、居所へ移動していて、住所地において通知カードの送付を受けることができない方
  3. 長期間にわたって医療機関・施設等に入院・入所することが見込まれ、かつ、入院・入所期間中に住所地に誰も居住していないため、住所地カードの送付を受けることができない方
  4. 上記に掲げる方以外の方で、やむを得ない理由により住所地において通知カードの送付を受けることができない方

申請書の提出先

住民登録されている市区町村役場

提出方法

持参または郵送してください。

申請単位

個人ごとの提出(※同一世帯の方全員まとめての申請はできません。)

申請書等の提出書類

「通知カードの送付先に係る居住情報登録申請書」(下の青字よりダウンロードができます。)・・・1人につき1枚を記入していただき、下記の書類を提出または提示していただく必要があります。

ア 本人確認書類 ※写真付きのA書類は1点で確認、B書類は必ず2点の書類で確認いたします。

  • A 運転免許証、運転経歴免許証(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、旅券、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、養育手帳、在留カードなどのいずれか1点。
  • B 官公庁から発行され、または発給された書類その他これに類する書類(電気工事士免状、無線従事者免許証など)2点。

イ 居所に居住することを証明する書類

  賃貸契約書、権利書、医療機関・施設等が発行する入院・入所を証明する書類など

ウ 代理人の代理権を証明する書類の写し(代理人が申請する場合)

  • A 代理人が法定代理人である場合 戸籍謄本その他その資格を証明する書類
  • B 代理人が任意代理人の場合 本人の委任の事実を確認できる書類

エ 代理人の本人確認書類(代理人が申請する場合)
代理人の本人確認書類については、アに準じて取扱いいたします。

こちら「通知カードの送付先に係る居住情報登録申請書 [Wordファイル/68KB]」からダウンロードをお願いします。

8.個人情報保護について

  • マイナンバーは、社会保障・税・災害対策の手続きで行政機関などに提供する場合を除き、他人に提供することはできません。
  • 他人のマイナンバーを不正に入手するなどの行為は、処罰の対象になります。

9.関連情報

10.マイナンバーに関する疑問・質問はコールセンターまで

マイナンバー総合フリーダイヤル

  •  「通知カード」「マイナンバー(個人番号)カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせについてお答えします。
  • 音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

 【日本語窓口】0120-95-0178

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

  • マイナンバー制度に関すること・・・・・・・・・・・・・・・・・・050-3816-9405
  • 「通知カード」「マイナンバー(個人番号)カード」に関すること・・・・・・・050-3818-1250

【外国語窓口(English/中文/한국어/Português/Español)】

  • マイナンバー制度に関すること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0120-0178-26
  • 「通知カード」「マイナンバー(個人番号)カード」に関すること・・・・・・・・0120-0178-27

営業時間

平日/9時30分から20時
土・日・祝日/9時30分から17時30分
(年末年始12月29日~1月3日を除く)

マイナンバー(個人番号)カードコールセンター(ナビダイヤル) 

  • 「通知カード」「マイナンバー(個人番号)カード」に関するお問い合わせにお答えします。
  • 「マイナンバー(個人番号)カード」の一時停止申請(紛失者本人・拾得者)を受付ます。

【日本語窓口】0570-783-578

【外国語窓口(English/中文/한국어/Português/Español】0570-064-738

営業時間

問い合わせ対応業務

平日/8時30分から20時
土・日・祝日/9時30分から17時30分
(年末年始12月29日~1月3日を除く)

マイナンバー(個人番号)カード一時停止申請受付

24時間365日

※ナビダイヤルには通話料がかかります。
一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は右記電話番号におかけください。 050-3818-1250

Word Viewer<外部リンク>

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word が必要です。
お持ちでないかたは、Wordのファイルを表示、印刷することができる
Word Viewerをバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)