ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政・まちづくり > まちづくり > まちづくり > 地域プロモーションの取り組みについて

地域プロモーションの取り組みについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月6日

 国見町では、地域資源を活かした魅力を地域コミュニティの内外に効果的に発信するとともに、シビックプライドの育成・醸成に軸足を置いた取組みによって地域づくりを推進する施策を検討しています。
 平成29年6月27日、住民の代表、関係機関および有識者による第1回国見町地域プロモーション推進会議(以下、「くにみプライド会議」といいます。)を開催し、住民等から公募して組織する実行委員会(以下、「くにみプロモーターミーティング」といいます。)を置いて、町のプロモーションの指針となる『国見町地域プロモーション推進方針(仮称)』の策定に取り組んでいくことが確認されました。

取り組みの体制 

推進体制イメージ

 

○くにみプライド会議構成委員

 

氏 名

所 属 等

1

近久 寿幸

商工業代表

2

渋谷 憲道

農業代表

3

佐藤 清二

住民代表

4

オスタフィエブ 由香

子育て世代代表

5

佐藤  進

福島信用金庫 国見支店長

6

鈴木 孝典

東邦銀行 桑折支店長

7

引地  真

国見まちづくり株式会社 常務取締役

8

紫牟田 伸子

紫牟田伸子事務所

9

岩崎 由美子

福島大学 行政政策学類 教授 ※座長

10

三瓶 千香子

桜の聖母地域連携センター長

11

石井 みな子

(株)パーティ・フー 代表取締役社長

 

くにみプロモーターミーティングのメンバーを募集します。

 多様な講座の受講と実践を通して国見町の魅力を掘り下げ、まちのスローガン(ブランドメッセージ、ロゴ等)を検討していくメンバーを募集します。
 構成するメンバーは15名程度を予定しています。なお、ミーティングは、様々な専門家をお招きして月に1回程度、計7回の開催を予定しています。

【第1回ミーティング】                               

 どなたでも参加いただけます。※定員になり次第〆切(定員30名)

○日時 7月22日(土曜日)13時30分~                                                   

○会場 道の駅国見あつかしの郷 2階 うぐいす

○内容 

 (1)ガイダンス

   国見町の取り組みについて説明します。

 (2)まちの魅力の探し方・事例紹介

       事例紹介等を通じて町の魅力発見の楽しさや斬新な視点での魅力の探し方を体感します。
 

○講師 たびすけ合同会社西谷 代表 西谷 雷佐(にしや らいすけ) 氏

講師イメージ青森県弘前市出身。東奥義塾高等学校を卒業後、ミネソタ州立マンケイト大学で産業心理学とスピーチコミュニケーションを学ぶ。地元弘前の活性化に貢献したいという想いがあり、帰国後は弘前市にあるフラワー観光株式会社へ入社。6年勤務し退社。その後、株式会社エスケイケイ総合研究所(専門学校/予備校業) 入社。就職担当として就労支援・産学連携・コミュニケーションの授業などを担当。
2011年に「日本商工会議所青年部第8回ビジネスプランコンテスト」でグランプリを受賞。このプランを具現化し、2012年に「たびすけ合同会社西谷」として創業。現在に至る。
笑いを交えた独自の語り口と、「そう来たか!」という斬新な発想力を盛り込んだスタイルで、「楽しみながら身に付く」講演を展開。観光業界のみならず一般企業の社員研修等、青森県内を中心に多数オファーが届いている。
2016年には東北の仲間たちと「一般社団法人東北インアウトバウンド連合」を創立し理事長に就任。東北に人を呼び、東北のいい物を発信し、東北の地域課題を解決し、東北で人材を育成すべく「オール東北」で取り組んでいる。

 

【お問い合わせ・お申し込み先】

くにみプライド会議事務局(企画情報課総合政策室内)

TEL :024-585-2217       FAX:024-585-2181

E-mail:kikaku@town.kunimi.fukushima.jp

 

 

実行委員の年間スケジュールイメージ
  ※上記は予定であり、一部変更が生じる場合があります。
  ※第2回以降の開催日時等は、別途メンバーにお知らせします。また、一般参加型の講座等は、日程が決まり次第広く周  
    知します。