ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画情報課 > 第5次国見町振興計画(後期計画)

第5次国見町振興計画(後期計画)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日

国見町民であることに喜びと誇りを持ち、心あわせて希望に満ちた未来を創るまち

1 第5次国見町振興計画(後期計画)の策定について

 平成23年度から平成27年度の5年間を期間とする第5次国見町振興計画(前期計画)が終了することに伴い、このたび、平成28年3月に、新たに平成28年度から平成32年度の5年間を期間とする『第5次国見町振興計画(後期計画)』を策定しました。

(1)基本構想について

基本理念

「国見町民であることに喜びと誇りを持ち、心あわせて希望に満ちた未来を創るまち」

将来像

「心あわせ希望に満ちた豊かで生きがいのある国見町」

基本目標
  1. 地域の資源を活かし、自然と調和したまち
  2. 互いに支え合い、安心して暮らせるまち
  3. 生きがいをもって、いつまでも楽しく働けるまち
  4. 地域の資源を受け継ぎ、心豊かな人を育むまち
  5. あたたかく助けあう自主自立のまち

(2)基本計画について

3つの政策・30の施策
  1. 地域資源を活かしたまち ~里まち・活力のまち・巡りのまち~
  2. 人が輝くまち ~思いやりのまち・人づくりのまち・生涯活躍のまち~
  3. 交流と連携のまち ~安全安心のまち・つながるまち・維持発展するまち~

2 第5次国見町振興計画(後期計画)策定までの経過

月日会議等主な内容
平成27年 6月19日第7回国見町振興計画審議会(1)後期計画見直しスケジュール
平成27年 9月 1日町民意識調査(9月1日~15日)町内在住の満18歳以上の2,000人対象
平成27年 9月12日
平成27年 10月17日
平成27年 11月 7日
くにみ未来まちづくりワークショップ
【小学生 9月12日、10月17日、11月7日】
【中学生 11月7日】
国見小学生 23名
県北中学生 20名
桜の聖母短期大学福島学履修生 30名
平成27年10月28日第8回国見町振興計画審議会(2)後期計画見直しイメージ
平成27年11月28日国見町教育フォーラム2015くにみ未来まちづくりワークショップ成果発表
平成27年12月16日第1回国見町振興計画審議会検討部会基本構想・基本計画(素案)
平成28年 1月21日1月議員懇談会基本構想・基本計画(素案)説明
平成28年 1月29日第2回国見町振興計画審議会検討部会基本構想・基本計画(案)
平成28年 2月19日2月議員懇談会基本構想・基本計画(案)説明
平成28年 2月23日第9回国見町振興計画審議会(3) 国見町振興計画審議会から町へ建議基本構想・基本計画(最終案)
平成28年 3月 8日国見町議会3月定例会議決

(1)国見町振興計画審議会での審議

 外部の第三者機関(附属機関)として、住民代表および有識者による「国見町振興計画審議会」において、会長:福島大学行政政策学類岩崎由美子教授のもと、全体会議3回、検討部会2回開催し、協議を重ねてきました。平成28年2月23日の審議会終了後に、岩崎会長より町長に対して「第5次国見町振興計画(後期計画)」について、審議会としての建議を提出いただきました。

審議会のイメージ1 審議会のイメージ2

(2)国見町議会での審議

 平成28年1月21日および2月19日の議員懇談会における概要説明と意見交換を経て、平成28年3月8日に国見町議会3月定例会において、賛成多数で議決されました。

(3)町民意識調査の実施

  振興計画の策定にあたり、町民の皆さんの町の政策や施策についてのご意見や生活の実態、問題意識等をお尋ねし、まちづくりの現状や課題を明らかにするために、平成27年9月1日~15日にかけて「町民意識調査」を実施しました。  この調査は、町内に住む満18歳以上の2,000人の方を無作為に選ばせていただき、協力を依頼し、全体で861人の方から回答(回答率43.1%)をいただきました。

国見町振興計画(後期計画)およびまち・ひと・しごと創生に関する町民意識調査

(4)くにみ未来まちづくりワークショップの開催

  これからの魅力あるまちづくりに向けて、次代を担う子どもたちによる「くにみ未来まちづくりワークショップ」を開催し(平成27年9月12日、10月17日、11月7日開催)、国見町の将来像について、子どもたちの柔軟な発想、意見を計画づくりの参考としました。
 この取組みにあたり、桜の聖母短期大学の協力をいただき、短大生がファシリテーターとして参加し、小中学生と一緒に国見町の未来について考え、話し合い、それぞれのテーマ(国見バーガー、義経まつり、自然、くだもの、ももたん、防塁、例大祭など)を設定し、「マインドマップ」を作成しました。
 平成27年11月28日に開催した「国見町教育フォーラム2015」において、「子どもたちが考える~キラキラくにみ~」と題して、ワークショップで話し合ってきた「国見町のいいところや国見町がどんなまちになってほしいか」について、各班ごと(小学生6班・中学生4班)に発表を行いました。

参加者

国見小学生(23名)、県北中学生(20名)

協力

桜の聖母短期大学「福島学」履修生1年生(30名)
桜の聖母短期大学 図書館情報センター長・教授 二瓶由美子氏
桜の聖母短期大学 キャリア教養学科准教授 三瓶千香子氏、田中大介氏

ワークショップのイメージ1 ワークショップのイメージ2

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer<外部リンク>

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel が必要です。
お持ちでないかたは、Excelのファイルを表示、印刷することができる
Excel Viewerをバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)