ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 町長活動日記 平成29年2月
町長の部屋のメニューを表示するボタン

町長活動日記 平成29年2月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日

2月26日、国見町ウッドスタート・木育推進事業「平成28年度誕生祝い品贈呈式」が観月台文化センターで行われ、平成28年に誕生した赤ちゃんに対して国見町産の木を利用した木のおもちゃのプレゼントがありました。

2月26日誕生祝い品贈呈
贈呈式であいさつをする太田町長


2月25日、まちづくりカフェが観月台文化センターで開催され、福島大学や桜の聖母短期大学の学生が地域づくり活動の成果発表や地域おこし協力隊の活動報告がありました。

まちづくりカフェ挨拶する町長
まちづくりカフェの冒頭であいさつする太田町長


2月23日、国見町町内会長連絡協議会役員会において、平成29年度国見町当初予算の説明があり、太田町長が重点事業や新規事業などの解説をしました。

当初予算の説明をする太田町長
当初予算の説明をする太田町長


2月16日、太田町長は国土交通省東北地方整備局を訪れ、5月3日の「道の駅国見あつかしの郷」のオープンに向けて引き続きの支援を求めました。

東北地方整備局で懇談太田町長
筒井建政部長と道の駅について懇談する太田町長


2月13日、町内にお住いの佐藤充作さんが100歳の誕生日を迎え、百歳賀寿の御祝がありました。御祝の席上、太田町長は町からの敬老祝金を手渡し、「これからも長生きでお過ごしください」と話しました。

祝金を手渡す太田町長
佐藤さんに祝金を手渡す太田町長


2月12日、消費者行政推進事業「暮らしを見直す節約術」と題して節約アドバイザーの和田由貴さんの講演会が開かれ、太田町長が出席し講演の前にあいさつを述べました。

あいさつする太田町長
あいさつを述べる太田町長


2月7日、国見町在住の野村義悦氏が「交通遺児のために役立ててほしい」と町役場を訪れ、太田町長に寄附金を手渡しました。太田町長は「有効に活用していきます」と野村氏に対しお礼を述べました。

太田町長と野村氏
野村氏から寄付を受ける太田町長


2月2日、太田町長は、東京・虎ノ門の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会を訪問し、副事務総長の布村幸彦氏(元文部科学省スポーツ青少年局長)と懇談し、5月3日にオープン予定の道の駅国見・あつかしの郷を町の訪日外国人向けのインバウンド観光の拠点として整備することや、町の農産品のPRを進めることにより、特色ある観光コンテンツを展開することなどを述べました。

活動日記の写真 2月2日 1
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会で布村副事務総長に道の駅をPRする太田町長


2月2日、太田町長は、東京・港区の日本赤十字社本社を訪問し、近衛忠煇社長、大塚義治副社長と懇談しました。太田町長は国見町の復興状況や農産物の風評対策を報告するとともに、3月末で供与が終了する町内の仮設住宅における生活家電セットの支援や屋内遊び場「ももたん広場」に対する支援への御礼を述べました。

活動日記の写真 2月2日 2
日本赤十字社本社で近衛社長と懇談する太田町長