ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 町長活動日記 平成29年7月
町長の部屋のメニューを表示するボタン

町長活動日記 平成29年7月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日

7月30日、国見町の婚活イベント「あつかしコンin道の駅」が開かれ、参加者が桃狩りやパーティーなどで交流を深めました。交流パーティーでは、太田久雄町長が参加者に対してあいさつをしました。

あつかしコン
参加者に対してあいさつをする太田町長


7月27日、太田久雄国見町長は福島県と福島県国民健康保険団体連合会を訪れ、国民健康保険制度改革にあたり、国保税の負担が大きくならないようにすることなどのよう要望活動をしました。

国保要望活動
福島県井出保健福祉部長に要望書を手渡す太田町長


7月26日、個人県民税の賦課徴収に努め優秀な成績をおさめた優良市町村として、小川武福島県県北地方振興局長から太田久雄国見町長に感謝状が贈呈されました。

個人県民税知事感謝状
小川局長と太田町長


7月23日、仙台圏のファミリー層を対象としたモニターツアーが行われ、9組30名の家族が国見町で桃狩りなどを楽しみました。また、
昼食会場の道の駅国見あつかしの郷では、太田久雄町長が歓迎のあいさつをしました。

仙台圏バスツアー
歓迎のあいさつをする太田町長


7月21日、太田久雄国見町長が次の内容について記者発表を行いました。
(1)9月23日開催の「第22回義経まつり」
(2)「道の駅国見あつかしの郷」の来場者が50万人に
(3)国見町の桃とあんずを使用したバウムクーヘンを開発

町長記者発表
記者発表をする太田町長


7月21日、首都圏の女性を対象としたモニターツアー「くにみしゅらん」のウエルカムパーティーが道の駅国見あつかしの郷で開かれ、太田久雄町長が参加者に対して歓迎のあいさつをしました。

くにみしゅらん
参加者に歓迎のあいさつをする太田町長


7月21日、国見町青少年育成町民会議による奨励金交付式が国見町役場で行われ、全国道場少年剣道大会に出場する佑武館と国見町剣道スポーツ少年団の選手ほかに太田久雄町長が奨励金を手渡しました。

奨励金交付式
大会に出場する選手の皆さんと記念撮影をする太田町長


7月21日、国見町と域学連携を結んでいる桜の聖母短大の学生が考案した「りんごのスイーツ試食会」がくにみ幼稚園で、園児を対象に行い、太田久雄町長も試食会に参加しました。

スイーツ試食会
スイーツ試食会であいさつをする太田町長


7月21日、東北自動車道国見サービスエリア上り線で国見町特産の桃のPR販売を行う、ピーチボーイ&レディの代表が国見町役場を訪れ、太田久雄町長と懇談をしました。

ピーチボーイ&レディ
ピーチボーイ&レディと太田町長


7月21日、国見町商工会青年部の赤坂稔部長らが国見町役場を訪れ、7月13日に開催された県北商工会親善球技大会(ソフトボール)で優勝し4連覇達成したことを、太田久雄町長に報告しました。

商工会青年部優勝報告
優勝報告をする商工会青年部のメンバーと太田町長


 

7月20日、国見町町民相談室主催の町内主要企業との懇談会が道の駅国見あつかしの郷で開かれ、太田久雄町長が企業の代表と懇談をしました。

町内主要企業懇談会
懇談会において、出席者に対して御礼を述べる太田町長


7月20日、国見町農業委員に対する辞令交付式が国見町役場で行われ、太田久雄町長より8名の委員に辞令が手渡されました。

農業委員辞令交付式
辞令交付式であいさつをする太田町長


7月19日、東北地方整備局による国土交通行政功労者表彰式が宮城県仙台市戦災復興記念館で開かれ、国見町に災害対策功労者感謝状が贈られました。これは、平成29年1月の大雪の際に国見町が、国道4号の渋滞対策に貢献したことが評価されたものです。

東北地方整備局感謝状
東北地方整備局長から感謝状を贈呈される太田町長


719日、夏の交通事故防止ふくしま・みやぎ県境キャンペーンが道の駅国見あつかしの郷で行われ、国見町・桑折町・白石市の交通安全関係者と警察関係者が国道4号を通行するドライバーに事故防止を呼びかけました。

県境キャンペーン
交通事故防止県境キャンペーンであいさつをする太田町長


7月15日、道の駅国見あつかしの郷の来場者がオープンから2カ月ほどで50万人となり、太田久雄町長より50万人目の方および前後の方に記念品が手渡されました。

道の駅50万人
50万人および前後の方と記念撮影をする太田町長


7月14日、第12回伊達郡町議会議員大会が観月台文化センターで開かれ、太田久雄町長が開催町として歓迎のあいさつをしました。

議員大会
議員大会の席上であいさつをする太田町長


7月13日、国見小学校の児童が人権の花運動で育ててきた花のプランターを国見町役場庁舎に寄贈しまし、太田久雄町長が「皆さんが真心を込めて育ててきた人権の花を寄贈いただきありがとうございます」と御礼を述べました。

人権の花贈呈
国見小学校の児童と記念撮影をする太田町長(中央)


 

7月10日、太田久雄町長は、財務省、国土交通省、自民党本部を訪れ、一般国道4号伊達拡幅の事業推進要望を行いました。太田町長は、国道4号の伊達拡幅の要望のほか、除染の状況や役場庁舎の再建、風評被害対策、地方創生等の取り組みを説明し、道の駅国見あつかしの郷のオープンの御礼を述べました。

財務省
財務省、岡本主計局長に要望書を手渡す太田町長


 

7月9日、国見町特産の桃のPRが道の駅国見あつかしの郷と東北自動車道国見サービスエリア上り線で行われました。PRには、太田久雄町長ほか桃の生産者、ミスピーチ、くにみももたんも加わり、国見産の美味しい桃を求める人々で会場は賑わいました。

道の駅桃PR
道の駅の桃PRであいさつをする太田町長


7月8日、沢木順コンサート2017が国見町観月台文化センターで開かれ、国見町応援大使・ミュージカル俳優の沢木順さんが会場と一体となったステージを繰りひろげ、フィナーレでは太田久雄町長も会場の人々と一緒に「ふるさと」などを歌いました。

沢木順コンサート
会場の人々と一緒にステージ上で歌う太田町長


7月7日、国見町総合計画審議会が国見町観月台文化センターで開かれ、各分野の代表により国見町のまちづくりなどについて話し合われました。

総合計画審議会
総合計画審議会であいさつをする太田町長


7月7日、国見町小学生交通安全標語コンクール表彰式が国見小学校で開かれました。表彰式では、5部門に入賞した26名の児童に表彰状が手渡されました。また、入選作品は看板として、国見町内に掲げられます。

交通安全標語
表彰式であいさつをする太田町長


7月6日、国見町交通対策協議会が国見町役場で開かれ、7月16日から始まる夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動の実施内容などについて協議しました。

交通対策協議会
交通対策協議会長としてあいさつをする太田町長


7月6日、国見町公民館の3学級(阿津賀志、成人、女性)合同学習会が、国見町観月台文化センターで開かれ、町長講和として太田久雄町長が「道の駅を核として~これからの国見町~」と題して講演をしました。

3学級合同学習
合同学習で講演をする太田町長


 

7月5日、国見町の特産品「桃」のPR・販売が東京の日本橋ふくしま館Midetteで行われ、太田久雄町長も店頭で国見町の桃のPRをしました。

桃PR
東京のMIDETTEで桃のPRをする太田町長


7月4日、国見町町民相談室主催の福祉懇談会が道の駅国見あつかしの郷で行われ、地域福祉、高齢者、障がい者、児童に関する分野の代表が太田久雄町長と地域における支えあいなどをテーマに懇談しました。

福祉懇談会
出席者にあいさつをする太田町長


7月3日、東北道の駅地域振興賞の表彰状が石井福島河川国道事務所長より、太田久雄国見町長に伝達されました。

道の駅地域振興賞
石井福島河川国道事務所長と太田町長


7月3日、国見ジュニア応援団の結団式が道の駅国見あつかしの郷で行われ、国見小の児童と県北中の生徒10名によるジュニア応援団が結成されました。ジュニア応援団は、国見町のことを学び、学んだ知識を生かし、交流のある北海道ニセコ町、岩手県平泉町、岐阜県池田町などで国見町のPR活動を行います。

ジュニア応援団
団員と一緒に記念撮影をする太田町長


 

7月2日、くにみキッズフェスティバル「音楽のおくりもの」が、国見町観月台文化センターで開かれ、赤ちゃんから一緒に楽しめるクラシックコンサートを多くの親子連れが楽しみました。

キッズフェスティバル(1)
開会にあたり来場者にあいさつをする太田町長

キッズフェスティバル(2)
アンサンブル・ディヴェルターズによる演奏


7月1日、平成29年度介護予防フェスタ「くにみ元気まつり」が、国見町観月台文化センターで開かれ、開会にあたり太田久雄国見町長があいさつを行った後、健康講演会がありました。また、会場にでは健康体操などの各種体験コーナーも設置され、多くの人で賑わいました。

元気まつり
健康講演会の様子