盆地特有の気候が、赤く、甘く育てます。

日本でのりんごの本格的な生産は、明治初期に政府が苗木を輸入し、奨励したのが始まりです。
国見町でもりんご栽培の歴史は古く、モモへの改植が進んだとはいえ、38ヘクタールで栽培され、800トン出荷されています。

モモの栽培よりも歴史が古い国見のりんご。
ジューシーで優しい果肉、蜜の多さが特徴です。

清楚な白い花が、やがて糖度の高い真っ赤なりんごへと変わります。
奥羽山脈と阿武隈山地に囲まれた国見の土、水、光たちが赤く、甘く育てます。
あふれんばかりのおいしさは、自然の技と農家の技の結晶です。

りんごの画像

りんごを半分に切り手のひらにのせている画像

林檎と語る青年 黒田穣(くろだみのる)

6つのおいしい物語「林檎と語る青年」

林檎と語る青年表紙林檎と語る青年トップページ