トップページ

どんなところ?

分譲情報

交通アクセス

周辺ガイド

バックアップ体制

FAQ

お問い合わせ

アンケート用紙

どんなところ?

国見町は、福島県の最北端に位置し、北は宮城県白石市、東は阿武隈川を挟んで伊達市、南は桑折町と隣接し、信達盆地の肥沃な土地に恵まれた町です。 年平均気温は13.3度で比較的寒暖の差がある内陸性の気候です。果 樹栽培が盛んで、とくに桃はこの地の名産品であり、また桃花は町の花として親しまれています。 県都福島まで16.5kmの距離にあり、南北に東北本線(藤田駅・貝田駅)東北新幹線・国道4号線が走り、さらに東北縦貫自動車道の国見インターチェンジを有し、交通 の便にきわめて恵まれています。


▲図をクリックすると拡大図が開きます。

 

概要

●「健康と福祉のまちづくり」「人間尊重の活力あるまちづくり」

だから、こんなことをやっています。
○充実の子育て支援を!  
18才まで医療の無料化  
保育所の保育料2人目半額、3人目無料  
妊婦検診16回まで費用助成  
○防災に強い街づくり!  
ユニバーサルデザインの街づくり。  
もしもの時に、町内全戸にデジタル緊急通報システム設置
○人に優しい街設備!  
四季の潤い豊かな自然、4ヶ所の公園整備  
子育てに、高齢者に!バリアフリーの段差のない街づくり  
消音設計の道路
太陽光発電の街路灯
○歴史と新しい文化が融合した町  
義経ゆかりの地  
観月台文化センターはカルチャー一杯  
国見を見下ろす萬歳楽山は「癒しのパワースポット」と言われ、日本全国から登山者を集めています。  
町中に季節の花々、果物が一杯

 

ライフスタイル

都会じゃない、でも田舎でもない、
新しいライフステージ

都会の喧噪とは無縁の、自然と調和した田園風景のなかに佇む癒しの里。
でも、日常生活や通勤・通学に不便な土地じゃない。
四季折々の季節を感じ、歴史ある情緒を慈しみ、そして今を生きるアクティブライフを楽しむ。
そんなライフステージが、ここにあります。

国見町の簡単な地図
▲図をクリックすると拡大図が開きます。

■徒歩4分の駅から職場や学校へ
保育園や小学校も至近。充実の商業施設もあって、家族誰もが余裕の時間を。

藤田駅・徒歩4分
国見小学校・徒歩15分
ショッピングセンター・徒歩4分

■町の中心地にあるからこそ、満足の便利さ
国見町役場観月台文化センターも、公立藤田総合病院も、
生活に欠かせない重要な施設がすぐそばにある安心。

観月台文化センター ・徒歩7分
公立藤田総合病院・徒歩4分

■趣味から健康増進、ふれあいまで国見文化の中心観月台文化センター
500人収容のホールではピアノコンサートやジャズコンサート寄席、講演会など、
さまざまな催しが開かれます。
さらに研修、会議、トレーニング、茶室なども備え、町民の文化・芸術活動を支える一大拠点。
また、デイサービスルーム、図書室、児童室など、子どもからお年寄りまで、 みんながふれあえる複合施設。

観月台文化センター外観
観月台文化センター内部

■思いっきり楽しめるアウトドア
町を見下ろすあつかし山は絶好のウォーキングコース。
付近一帯は野鳥の森となっており、バードウォッチングや森林浴なども楽しめます。
町の西方には全国でも最高級の癒しの山といわれ、数多くの登山者を集める萬歳楽山が控えています。

   
あつかし山からの眺望

くだもの王国・国見
春はサクランボ、夏はモモ、秋はリンゴ、冬にはあんぽ柿と、
四季折々に果物が楽しめる果物の里・国見町。
とくに福島生まれのモモ「あかつき」は国見を代表する逸品! 
もちろん、地元産のコシヒカリのうまさは別格!

サクランボ
モモ
あんぽ柿

■古代から生活の地として栄えた国見
縄文時代の岩淵遺跡や数多くの古墳など古代の遺跡から、
中世、とくに義経ゆかりの遺跡、
さらには近世〜近代の遺跡などが町中に! 古代から交通の要衝、
そして住みやすい地として栄えてきた地なのです。

 

●季節の主な行事

国見の春は、桃の花。町のあちこちで、咲き乱れます 阿津賀志山は、愛称「タンガラ山」。付近一帯は野鳥の森となっており、バードウォッチングや森林浴、健康ウォークラリー、ハイキングコースとして親しまれています。
観月台文化センターで行われる国見夢まつり。 ミュージカルや踊り、打ち上げ花火など、地元はもちろん県外からも多くの見物人がやってきます。
義経が奥州藤原氏を頼って平泉へ向かう旅の途上、この地で一休みした伝説が今も語り継がれています。そのとき義経が腰掛けたとされる義経の腰掛松や、平家追討のために鎌倉へ駆けつける際、弁慶が墨を摺ったと伝わる弁慶の硯石など、義経伝説が残る町にふさわしいイベントとして「義経まつり」が行われ、毎年たくさんの見物客が訪れます。
クリスマスからお正月にかけて阿津賀志山をツリーに見立て、100mに及ぶケーブルを張り巡らせライトアップする「光のイベント」です。
「あつかし山ビックツリー」は、今や国見町の冬の風物詩です。