国見町キッズページ トップページに戻る

義経物語

第一幕 義経はこんな人
そのドラマは、800余年前 よねんまえ 一人 ひとり 若武者 わかむしゃ によって えがかれた。
義経 よしつね がいたから、日本 にほん 歴史 れきし はとっても面白 おもしろ い。

イラスト

日本 にほん 歴史上 れきしじょう もっと 有名 ゆうめい 武将 ぶしょう われる源義経 みなもとのよしつね 意外 いがい にも義経 よしつね 国見町 くにみまち ふか 関係 かんけい むす ばれています。それは・・・、その まえ 源義経 みなもとのよしつね とはどういう人物 じんぶつ だったのかを まな んでみましょう。

幼名 ようめい 牛若丸 うしわかまる いま なら ちょう アイドル!
幼名 ようめい 牛若 うしわか 遮那王 しゃなおう ともばれています。平治 へいじ らん (1159 ねん )で父義朝 ちちよしとも 平清盛 たいらのきよもり たれましたが、源頼朝 みなもとのよりとも などとともに いのち たす けられ、8 さい とき 京都 きょうと 郊外 こうがい 鞍馬山 くらまやま あず けられました。その金売 かねう 吉次 きちじ 手引 てび きによって鞍馬山 くらまやま 出奔 しゅっぽん 元服 げんぷく して源九郎義経 みなもとのくろうよしつね あらた め、陸奥国 むつこく 藤原秀衡 ふじわらのひでひら もと をよせたのです。鞍馬山 くらまやま での忍者 にんじゃ まがいの武芸訓練 ぶげいくんれん 京都五条大橋 きょうとごじょうおおはし での弁慶 べんけい との出会 であ い…この かん 義経 よしつね かん する逸話 いつわ はまさに枚挙 まいきょ にいとまなし。現代 げんだい なら ちょう アイドル間違 まちが いなしでしょう。

比類ひるい なき いくさ 天才 てんさい 連戦 れんせん 連勝 れんしょう 大活躍 だいかつやく
1180 ねん 義経 よしつね 挙兵 きょへい した頼朝 よりとも のもとへ さん じ、兄弟 きょうだい こころ ひと つにして平家打倒 へいけだとう ちか いあったのです。 とき 義経 よしつね 23 さい 源氏 げんじ 大将軍 たいしょうぐん として源(木曽)義仲 みなもと(きそ)のよしなか やぶ きょう り、 いち たに では きゅう 山崖 やまがけ 一気 いっき くだ って平家 へいけ 陣屋 じんや 急襲 きゅうしゅう し、屋島 やしま でも平家 へいけ 背後 はいご 奇襲攻撃 きしゅうこうげき 敗走 はいそう させました。 だん うら での船戦 ふなせん でも勝利 しょうり おさ めて、宿敵しゅくてき 平家 へいけ ほろ ぼしたのです。連戦連勝 れんせんれんしょう 活躍 かつやく ぶりは800 ねん 以上 いじょう たった いま でも いろ あせることなく かた がれています。

鎌倉幕府 かまくらばくふ 誕生 たんじょう 役者やくしゃ 。もし義経 よしつね がいなかったら。
義経 よしつね 常勝将軍 じょうしょうしょうぐん といわれた いくさ 名人 めいじん で、各地 かくち たたか いでせたスピード かん あふれる攻撃 こうげき スタイルは義経 よしつね だからこそできた戦術 せんじゅつ 実戦部隊 じっせんぶたい 指揮官 しきかん として おお いに戦功 せんこう をたて、合戦 かっせん 花形的存在 はながたてきそんざい でした。「 おご れるもの ひさ しからず」の たと どお り、平家 へいけ 傍若無人 ぼうじゃくぶじん いを おこな い、人々 ひとびと 反発 はんぱつ をかっていました。滅亡 めつぼう 要因 よういん はいろいろあったとはいえ、義経 よしつね という希代 きだい 軍事的 ぐんじてき 天才 てんさい 衰亡 すいぼう 拍車 はくしゃ をかけたことは たし か。もしいなかったら、 はつ 武家政権 ぶけせいけん 鎌倉幕府 かまくらばくふ 誕生 たんじょう は?・・・しかし、この「天才 てんさい ぶり」がのち おお きな悲劇 ひげき ぶのです。

前に戻る