国見町キッズページ トップに戻る

くにみの昔話

むかし ここら 湖だったという話 これは、信達しんたつ 地方ちほうつたわるふるはなしひとつ・・・。

 大昔おおむかし信達しんたつ盆地ぼんちは、霊山りょうぜん小手おで吾妻あづま半田はんだ厚樫あつかしなどの山々やまやまかこまれたうつくしいみずうみだったそうです。ところが、このみずうみに「水熊みずぐま」とばれる真っ黒まっくろおおきな怪獣かいじゅうがすみつき、ひとおそい、らうようになったというのです。人々ひとびとは、なんとかしてこのみずぐま退治たいじしたいとねがっていましたが、ひろくてふか湖底こてい縦横じゅうおう移動いどうするみずぐまにはなすすべがありませんでした。
 さて、このおとずれ、人々ひとびとはなしをおきになったヤマトタケルノミコトは、五十沢いさざわ猿跳山さるはねさん水路すいろひらき、みずうみみずしてみずぐま退治たいじしようとおもいつかれ、さっそく命令めいれいをおしになりました。人々ひとびとさるはねさん切り開きりひらくとみずうみみずはたちまちながし、黒岩くろいわおきくちからほのおき、いかくるった巨大きょだい怪獣かいじゅう姿すがたあらわしました。みことはこのときとばかりにごうゆみおおきなをつがえ、はなたれました。命中めいちゅうし、みずぐま退治たいじされました。そのながれは阿武隈川あぶくまがわに、湖底こていゆたかな盆地ぼんちになりました。

前に戻る